霊界道について

 「霊界道」とは今世だけでない世界「霊界」のことを学んで行く道という意味で、私の守護霊様から教えて頂いた言葉です。茶道は茶の道、書道は書の道というように、「霊界道」は霊界の道を学びましょうということです。霊界のことを認識することにより、今世で生きて行く理由を知る事が出来、自分に与えられた生き方、使命、運命を理解することが出来ます。

 2001年夏に私はとある体験をし、この世だけでない世界があり、守護霊様は現実にいることを知りました。そしてそれから守護霊様のメッセージに耳を傾けるようになり、高い確立にて正確にメッセージを受け取れるようになりました。私は霊能力者ではないので、直接守護霊様や霊界の人と話すことは出来ません。でも、ちゃんとメッセージは受け取れています。なので、高い霊能力がなくても私と同じように誰でも霊界の現実を知り、守護霊様のメッセージを受け取る事が出来るのです。そうするとパズルが解けたように今世の全ての意味が理解でき、自分がどう生きていくのかが明確に分ってきます。

 私に出来たことがみなさんに出来ないわけがありません。そういったことから、私の体験を通してみなさんにも霊界のことを知る近道になればと思い、この「霊界道」のサイトを立ち上げました。

 私のサイトは自分が読んだ色々な本や人物についてもオープンに紹介していきます。その方がより分かりやすいからです。私も霊界のことを知ってからは色々な本、人物、霊界の人との出会いがあり多くのことを学びました。それも全てご紹介していきたいと思います。私は直接守護霊様からのメッセージは聞けないので、守護霊様はこの現世にある物質を通して私にメッセージを送って来られます。例えばそれはTVのCMだったり、映画のセリフだったり、本の一文だったりです。なのでみなさんにもそれは普通にあることだと思うので、さらに守護霊様からのメッセージをみなさんも取りやすくなるよう、私が読んだり、聞いたりしたものをオープンにご紹介していきたいと思います。

 霊界のことに興味ある方、この世だけの世界以外があるのではと思われた方、守護霊っているのかなと思われた方、生きる意味を知りたい方、自分の性格を良い方に直したいと思っている方、それはすでにそう思った時点からあなたはあなたの守護霊様からのメッセージを受け取っているのです。このサイトを見て下さったことはあなたの守護霊様の導きがあります。この世に偶然はないからです。あなたが今見るもの聞くもの感銘を受けるもの、全て意味があります。

 この「霊界道」のサイトが少しでもみなさんの人生の糸口となり癒しになれば幸いです。私もまだまだ勉強過程です。このサイトを通して私も勉強していくつもりです。このサイトに来て下さってどうもありがとうございます。

2004年6月31日

追記

 このサイトを立ち上げた当初の2004年は守護霊様との直接会話は出来ませんでした。なので先に書いたように、守護霊様は現世のものを使って私にアドバイスを送って来て下さっていました。(今現在もそれはあります。霊界の方々の基本の伝え方がそうだからです)それに敏感に気付き始めたのが2001年の「石の事件」からとなります。その実体験は「私の体験」の通りです。でも私の中では「直接チャネリングが出来るようになりたい」という気持が芽生えていました。その私の気持と、守護霊様からのそれに関する回答を「日記」の初期に書き留めていたのですが、それが消失してしまいましたので、割愛しますが、出来ています。

 

⭐️日記「夢判断」-2004年8月28日(消失)
⭐️日記「正夢になるのか?」-2004年9月4日(消失)

(夢の中で占い師のおじいさんが「7ヶ月後、あなたに神が降りてくる」と言った話だったのですが、「神」とは一般の言う神ではなく、守護霊の声を聞けるという意味です)

 2005年の3月か4月が丁度夢のお告げの7ヶ月後に当たりました。私としては瞑想をちょっとやってない日も出ていたので、「これは夢の通りにはちょっと無理だったな」という思いでした。しかし、2005年の1月に私のサイトを見て下さった霊感のあるユーザー様よりメールを頂き、その方とのメールのやり取りの中で、私の直感を守護霊の言葉として「守護霊がこう言っているのだと思います」と伝えると、その方が「同じことを夢で言われました」とおっしゃったのです。そこから「こういう感覚が霊界からのメッセージなんだ」と気付き、それが自信となって、どんどんコツを掴むようになっていきました。それが2005年の半ば頃だったと思います。それからも色々な体験があり、HPの日記にも書きたい事は山程ありましたが、怠け癖の私はいかんせん、持続性がないのです。(苦笑)

 

 チャネリングの感覚はとても微妙な感覚で、私の場合は、一歩間違うと「ただの自分だけの自問自答?」とも思える微妙さなんです。それもあって、まだまだ自信度が足りないでいました。

 

 2006年に入り、この1年は振り返ると病気の1年で、医者にかかったり、薬を飲み続けるという体調が悪いことばかりが起こっていました。でも、病気は霊的浄化の為に起こる霊障もあるので、確実に私の中で魂の浄化が行われているのを感じていました。霊団の方の中で交代があったようです。そうして浄化が完了したのが9月中旬頃。それから身体の完全回復が行われた後、衝動的に日記を再開することになりました。それが2006年11月です。私のHPの日記を見てもらうと分かるのですが、11月からはほぼ毎日のように書き綴っていて、それがめずらしく持続しております。(笑)この日記を通して、私は霊界の方々からメッセージを読み取る訓練をさせれています。それがどんどん慣れてきていて、今現在の日記のようになっています。

 

 なので、私のHPから覗きに来られた方は、最初のページで私が「霊界の方と直接会話は出来ません」とお伝えしているのに、日記を読むと会話出来ていると疑問に思われる方もいらっしゃるかと、ここに「追記」として説明をさせて頂きました。

 

 しかし、私はやはり凡人です。そしてみなさんにも私が体験していることが可能であると思います。

 

 ちなみに、私の指導霊は古い方(江戸の時代でしょうか)なので、日記を読んでいただくと分かるのですが、文体が昔風となっています。その他、私の霊団の方々や天女様や大天使様からもメッセージを頂くことがあります。まだまだ私はビギナーであり、精進し、学ばないといけないことが一杯ですが、日記はその私の成長の記録でもあるのです。

 

 今後とも私のサイト、そして日記をどうぞよろしくお願い申し上げます。何か少しでも読まれる方の生きるヒントになればうれしく思います。

 

 チャネリングにご興味のある方は、それについて少し触れた私の日記がありますので、読まれてみてもいいかもしれません。

 

日記「Vol. 55 守護霊との受信方法」

2006年12月某日

 

注釈:⭐️印の日記は消失してしまったので、再掲は出来ないですが、Vol.55の日記はmixi上に残っていますので、リンクからどうぞ😊(2020年4月16日)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now