スピリチュアル関連ご紹介

書籍、音楽、その他、私が感銘を受けたもの、お薦めするものをご紹介します。
理解しやすい物から順番にご紹介してきます。

幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック(江原啓之著)

 

江原啓之氏との出会いは必然的なものでした。(出会うべきして出会った人であり本です。霊界からの導きがありました)彼のお陰で、完全に私が中学時代から思っていたこの世の法則について文章にして「肯定」して下さった人です。その霊界のこと、法則を書かれた彼の最初の本です。入門書としてまずこちらを読まれることをお薦めします。私は石の事件にてこの世に偶然はないこと、守護霊様は実際にいること、魂の存在、霊界のことを知ったのですが、まだまだ未知なことが一杯で、それを自分なりに考えていたら、どんどん「私はおかしいのではないか。やっぱりこんなことあるわけないのでは」と考えて来て正直気が変になりそうだったのです。これが事実かそうでないかだけでもはっきり証明してほしかったのです。そうでなければほんとに私は気がおかしいのかもと思って来ていたからです。その時にたまたま(この世に偶然はないので守護霊様が見せてくれたのですが)見た番組に江原氏が出ていらっしゃって、それまで私は「守護霊を見る人で最近芸能人とかをよくみている人がいる」というのは友達から聞いていたのですが、それが彼とは知らなかったのです。そして番組で彼の言っている事が、まさに私が体験したことや感じていたことと一緒のことを述べていらっしゃったので、「この人の本を読めば全てがわかる!」と感じ、すぐにこの本を買って読んだのです。霊界関係の本では私にとって最初の書籍となりました。そして、この本の最初の1ページ目に江原氏は「この世に偶然はありません」と書かれていらっしゃいました。私はそれを読んだ時に涙が止めどもなく溢れて来ました。ここに私の考えを肯定して下さる方がいらっしゃったと、感動で大泣きしてしまいました。この本のほぼ半分は自分で既に気付いていたこと、そして後の半分は霊界のことなど私の知らなかったことが書かれてありました。私の思っていたことは真実だったんだと、江原氏のお陰で自分は気が変ではないということ、それは全て守護霊様からのメッセージをちゃんと私は受け取ることが出来ているという証明になったのです。彼にはほんとに感謝で、恩賜の先生方と同じく、私にとっては救世主です。文章もとても読みやすく、温かい言葉で法則を教えて下さっています。スピリチュアル入門書の決定版!

Behara1.jpg

"幸運"と"自分"をつなぐスピリチュアルセルフ・カウンセリング(江原啓之著)

江原啓之氏の本はどれも全てお薦めです。中でもこの本は最後に「1から50の守護霊からのメッセージ」があるのですが、これがとてつもなく役立っています。1から50ある数字の中でぱっと思い付く数字に書かれてある言葉が自分への守護霊からのメッセージということなんですが、これはすごいです。最初、これをやった時、守護霊様からの言葉をはっきりと聞けたと、涙しましたから。今の自分に必要なメッセージを教えてもらうことが出来ます。江原氏の本が届く時って魂が喜ぶようで身体が火照って来ます。

幸運を呼ぶ「たましいのサプリメント」 スピリチュアル セルフ ヒーリング(江原啓之著)

 

こちらも江原啓之氏の本ですが、今回は癒し方についての色々な方法を教えてくれます。身体の不調なども部分部分によって意味があるのです。(それはヒンズーのチャクラと同じだと思うのですが、宗教の根本はどれも霊界の法則のことを伝えたものであり、元は一緒ですので、同じになるのは当然なのですね)それをとても丁寧に分かりやすく説明し、癒し方を教えてくれます。CDも付いていて、それはヒーリングをする為のメディテーションCDです。これもとてもいいですよ。これを聴きながら瞑想すると次の日身体がとても癒されているのが分ります。

スピリチュアルメッセージ―生きることの真理

(江原啓之著)

 

江原啓之氏の守護神様「昌清様」と江原氏との一問一答形式で書かれている霊界からのメッセージ集。霊界のことを知ると霊界の人が話していることが知りたくてわくわくするのですが、「昌清様」もその1人で、今まで私も疑問だった問題を江原氏がどんどん質問して下さり、「昌清様」が答えて下さるのでとてもありがたい本です。心が落ち着かない時とか、いらいらして寝つけない時とか、「昌清様」のお言葉を読むと落ち着いてきます。どうして人はこの世に生を受けるのか、生きる意味はなんなのかを、説明してくださっています。

スピリチュアルメッセージII―死することの真理

(江原啓之著)

 

こちらも「昌清様」と江原啓之氏のQ&A形式の第二段。今回はどうして人は死ぬのか、死んだらどうなるのかということを「昌清様」が説明して下さっています。「昌清様」大好きです!

スピリチュアルメッセージIII 愛することの真理

(江原啓之著)

 

「昌清様」と江原啓之氏のQ&A形式の第三段。今回は愛についてのお言葉です。愛には二つあるということから話が始まります。ほんとになるほど!なんですよ。「昌清様」のお言葉は読んでいてもわくわくします。江原氏の痒い所にも手が届く的な質問もありがたい。そして「昌清様」ありがとう!

眠れる予言者 エドガー・ケイシー(光田 秀著)

 

カルマについて知りたいと思っていたら、私の恩師のS先生が「これを読んでみたら」と貸して下さったのが最初です。ケイシーの名は聞いたことがあっただけで、こういう人物だったとはこの時初めて知りました。この本を通しての彼との出会いは私にとって大変衝撃的なものでした。彼の言葉一つ一つが魂を通して納得出来ます。どんな科学者や医学者よりも霊界からのメッセージを伝える彼の真実に勝るものはないです。もし霊界のことやカルマ(ここでは因果応報という意味で使われてる)について知りたいと思われるなら、この本は決定版と言っても過言ではないので、読まれることをお薦めします。ケイシーについての入門書とも言えます。著者の光田 秀氏は日本エドガー・ケイシーセンターの会長で、文章がとても読みやすいです。

超能力の秘密 エドガー・ケイシー

(ジナ・サーミナラ著)

 

ケイシーに出会ってから彼のリ-ディングについてとにかく知りたいと思い、その後何冊か購入し読んでいるのですが、こちらの本は「肉体と心理」についてくわしく、そして分かりやすくケイシーのリーティングを通して分析しています。著者のジナ・サーミナラさんはすごく良く理解していらっしゃるなと感嘆します。特に「ヨハネの黙示録」の彼女の解釈は「ありえる」と思います。また、彼女はケイシーのリーディングをベースに、仏陀やその他宗教、スピリチュアルな面で理解していたと思われる著名な人達の言葉なども積極的に引用し解説しています。そこが一番納得する所で、本来宗教の基本は霊界のことを言っているので一緒の概念であるということを知っている彼女の著書は読んでいても安心出来ます。こちらも大変お薦めです。

古代霊は語る―シルバー・バーチ霊訓より

(近藤 千雄著)

 

生まれ変わりについて知りたいと思っていて私の恩師のS先生が貸して下さった本です。この本はケイシーに出会う前、霊界関係では江原氏の本以外に初めて読んだ本です。こんな人がいてたのかと感動したのと、彼の言葉に感銘を受けました。ただし、出版されたのが1984年なので、内容がかたく、文章も難しく読みづらいと感じます。が、彼も霊界の方ですので、彼の話す言葉はわくわくします。すごいです!彼のメッセージの総集編という形なので、シルバー・バーチを知る入門書としてもいいかと思います。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now