• sarah

修行

更新日:2021年6月28日


先生は60歳ぐらいに、ある事故にて生死をさまよってから、突然霊力が身についたそうです。そして、いつも声が聞こえてきて、「この山を歩け」とか「滝に打たれろ」とか色々な修行の方法を教えてきたそうです。そして、先生はその声に従って、修行に励みました。


来る日も来る日も修行に励んだのですが、ある日、「もうやってられない!」「こんな辛いことやってられないわ!それが必要というのであれば、霊力はいりません!」って修行を放り投げてしまいました。


その時に聞こえて来た声が「よう、言うた! その言葉を待っておった」と言ったそうです。


先生は、このことから、「形ではない、気持、姿勢、心が大切なんだ」と学んだそうです。



初出:Vol. 39 修行 2006年12月09日03:19


*ここで書かれている先生とは、あの世の言葉で私達へ言葉を伝えてくださる霊能者で、縁があって(紹介ないと会えない)、2度ほど看て貰ったことがありました。全てお見通しという感じで、確かに視える方と感じました。その先生の体験談です。生き方として参考になると思いシェアさせていただきます。




閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示